バイクローン審査甘いところは?頭金・保証人なし【学生におすすめの組み方】

バイク屋さんで紹介されるバイクローンは高金利で損します。銀行やその他金融機関のバイクローンを利用がおすすめです。バイクローンの利用の仕方と注意点に関して分かりやすくお伝えします。

ホーム≫バイクは車に比べると安いイメージを持っている

バイクは車に比べると安いイメージを持っている

バイクは車に比べると安いイメージを持っている方もいますが最新の車種や大型バイクなどは100万円を超える車種もあります。

また、中古価格が下がりにくい傾向にあるのもバイクを購入するための障壁になっています。

そんな時に活用するのがバイクローンです。

特にジャックスのローンは非常に有名でクレジットカードで有名なジャックスのローンです。

バイクローンは一般的に2つ分かれ、バイクメーカー独自のローンではそのメーカーの新車を買う時のみ適用できるなど制約があります。

ジャックスのローンは中古を買う際にも利用することができます。

車に比べて安いイメージですがやはりバイクは高い買い物です。

購入資金が足りない時に心強いのがバイクローンです。

新しくバイクを購入する際の参考ということでローンについて紹介します。

基本的にバイクのローンはメーカー独自のローンとジャックスなどの信販会社の行なっているローンの2種類に分かれています。

利用する際、気になるのが金利だと思いますがだいたい10%前後になっていることが多いです。

金利が最も低く抑えられるのは銀行のローンとなります。

その反面、銀行ローンよりも金利が高い設定になっているので準備の手間を取るか金利の低さを取るかは個人個人で考えましょう。

ローンを組む際はできるだけ周りの人に知られたくないものです。

ローンを組む際に会社によっては職場などへの在籍確認の電話をする場合もあります。

それではバイクを買う際利用するバイクローンなどではどうなのでしょうか。

基本的には銀行機関によるローンは在籍確認を行います。

その際、本人が電話に出る必要はありません。

すでに「退職済み」や「在籍していません」といった返事がなければ大丈夫です。

確認するしないに関しては各機関に委ねられており、判断基準は不明です。

おそらく、審査の段階で勤続年数や他の借入状況から判断されているようです。

社員証や給与明細の提出で対応してくれることもあります。

保証会社によって確認するしないが変わるローンもあるので探して見てください。

バイクや車を買う際にローンを使う方は多いと思います。

その際、気になるのが利子と支払い回数ですよね。

ショップで取り扱っているバイクローンの多くは支払い回数を1回から60回の間で設定できます。

ただ、60回(5年間)の分割と言われてもわかりにくいという方も多いのではないでしょうか。

例を挙げると、120万円のバイクを買う場合では5年60回払いなので月々の支払いは2万円+利子です。

月々2万円くらいなら支払っていけそうな感じがしませんか?もし、頭金を60万円準備していたら月々の支払額は1万円+利子に下がります。

バイクを買う際に利用するバイクローンですが多くのバイクショップで取り扱っているローンでは頭金の必要はないですが稀に、必要な場合があるそうです。

その額の相場としては、その際、払う額の平均は10万円前後となっているようです。

理由としては審査に有利になるからです。

必要な場合、価格の1割くらいが相場と書きましたが、「これくらいの金額が払えないの?」と疑問を持たれる可能性もあります。

貸し倒れを減らしたいので、頭金を少しでも入れておくと計画性のある方と判断されやすくなります。

また、月々の支払額も頭金の分下がるのでできるだけ用意しましょう。

家や車などの高価な買い物をする際、まとまったお金を準備するのは大変です。

そこで利用するのがローンです。

銀行などのローンを利用する際はマイカーローン、住宅ローンなど利用用途ごとに金利や分割回数の設定が変わってきます。

そのため、マイカーローンで家を買う、住宅ローンで車は規約違反になるので買えません。

ローンを組んだ際に多くの方が不安に思うのは金利がどのくらいになるかという面ではないでしょうか。

毎月の返済額がいくらなら無理なく返せるか各金融機関のHPなどに用意されているバイクローンシミュレーションなどを各ローンごとの返済シミュレーションを活用して返済計画を必ず立てましょう。

基本的にバイクは車ほど高くありませんが現金一括で購入できる人は少ないですよね。

でも、やっぱりバイクは欲しい!というときに利用するのが各機関で行っているバイクローンです。

大まかに分類すると銀行機関によるマイカーローン、ホンダなどの専門ディーラーごとに扱っているローン、レッドバロンなどバイク専門店ごとの提携ローン、用途が自由なアイフルなどのカードローンの4種類があります。

金利が付くからローンは嫌という人もいますが増えても数万円程度という利用者がほとんどです、ならば本来、貯金にかかる数ヶ月間、1年間という時間をバイクと過ごせる時間にしましょう。

バイクが欲しいと思っても購入資金が足りないときに分割で支払えるようにするバイクローンですが、その制度についてよく理解しているという方は多くないのではないでしょうか。

バイクローンはその名前のまま、バイクを買うため以外には使えないローンです。

提供する金融機関によってはオートローンとも呼ばれます。

どの会社のローンを利用するかによって金利や審査基準が変わってきます。

よく言われる審査基準としては、安定した収入があるか、過去のローンやクレカ利用時に問題がないかです。

ここでいう信用情報とはクレカの支払いや滞納をしてしまうと信用情報にキズがつき審査に不利になります。

バイクを購入する際にローンを組むことを誰にも知られたくないときに保証人が必須だといわれると困りますよね。

バイクローンを利用する際に保証人は必要なのでしょうか?結果を先に言うと、基本的には必要ありません。

保証人が必要な時とはふどんな時なのでしょうか。

まず、ローンにおける保証人・担保とは、ローンを組んだ本人が返済ができなくなった時にその返済を肩代わりする人です。

収入が不安定だったり、最近働き始めたばかりの時は必要です。

すでに会社員として就職しており、収入が安定していても信用情報に傷をつけないようにするため公共料金の支払いは期日までにしましょう。

高校生から専門学生になると大きく変わることがあります。

例を挙げると、車やバイクの免許が取れるようになることです。

免許を取っても車やバイクの価格は高いですよね。

学生の場合、現金一括で払うのはほとんどの方は難しくバイクローンなどのローンの利用を考えると思います。

そうすると、学生でもローンを組めるの?という疑問が出てきます。

アプラスなど大手の業者さんなら基本的にオートローンを組むことはできます。

申し込む際、未成年の方は親の承諾が必須条件となります成人していてもアルバイトなどで毎月安定した収入がないと組めません。

ローンを組む際は返済シミュレーションで生活に支障が出ないか確認しましょう。
ページトップへ

Copyright (c) 2014 バイクローン審査甘いところは?頭金・保証人なし【学生におすすめの組み方】 All rights reserved.