バイクローン審査甘いところは?頭金・保証人なし【学生におすすめの組み方】

バイク屋さんで紹介されるバイクローンは高金利で損します。銀行やその他金融機関のバイクローンを利用がおすすめです。バイクローンの利用の仕方と注意点に関して分かりやすくお伝えします。

ホーム≫突然ですが、皆さんは車やバイクを買う際にどう買

突然ですが、皆さんは車やバイクを買う際にどう買

突然ですが、皆さんは車やバイクを買う際にどう買いますか?現金一括という人は少なく、多くの人はバイクローンなどのローンを組むと思います。

ローンを組むことで何が変わるのかを考えてみましょう。

まず、挙げられるのが時間です。

もし、一括で買おうとした場合、数十万、数百万円と貯金するには時間がかかります。

せっかく乗りたいという気持ちになっているのに実際に買って乗ることができるのが1年後とかになってしまう可能性があります。

バイクや車は買って終わりではなく、乗っていろんな所を走っていろんな思い出を作っていくものです。

なので、バイクや車を一括払いができない場合はローンの利用をおすすめします。

高価な買い物と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?多くの人は、家や車、バイクを思うのではないでしょうか。

こういった高価な買い物をする際に利用するのが銀行などが取り扱っているローンです。

銀行ローンの場合ではバイクローンという名前のものはなく基本的にはマイカーローンを利用することが多くなります。

ローンを組むことのメリットとしては現金一括払い時に比べ、貯めている時間が車やバイクに乗っていられる時間に帰られることです。

また、ローンのメリットとしては急な手術や事故などのまとまったお金を用意しなければいけなくなった時に向けて備えることができます。

多くの方は高額な買い物をする際にローンを組むと思います。

全額をローン支払いするか、頭金を払うかその時の事情次第で悩んでしまいます。

そもそも、ローンを利用するにあたって頭金は必要なのでしょうか。

大手企業の行うバイクローンなどでは調査システムや資金力もあるため頭金不要なことが多いですが小規模の企業のローンの場合、滞納や自己破産するような客に融資してしまうと大きな損害ともなることもあります。

そのため、信頼の担保として必要なローンもあるようです。

では、頭金を支払う理由について考えてみましょう。

まず、言えるのが業者からの信用度が上がることです。

他のメリットとしてはまとまった金額を支払って分割支払額を減らすことができます。

若者の生活環境に活かしやすいとされている乗り物があります。

それは手軽で小回りの利くバイクです。

特にアルバイトを生業とするフリーターの方が購入を考えているといったケースも少なくないでしょう。

バイクを買う際に利用するのがバイクローンです。

多くのローンでは特に雇用形態の指定をしていなく、審査基準としては、毎月の収入面が重要なようです。

そのため、貯蓄はあるけど毎月の収入がないという人は審査には通らないと思ったほうがいいです。

ローンを組む際に注意したいのが、総量規制に気をつけることと毎月の返済で生活に支障が出ないように設定することです。

特にアルバイト収入しかないのにボーナス併用は避けたほうがいいです。

ローンの申し込みについて調べていると審査に落ちたという話を見かけます。

なぜ、審査に落ちてしまうということが発生するのでしょうか。

その理由として考えられるのは何種類かあります。

まず、1番に考えられるのがフリーターやバイトなど収入が安定せず高額なローンを組むと返済が難しいと判断された場合です。

ここ数年で増えているのがクレジットカードや携帯料金などで支払いに滞納があった場合にも審査に落ちることがあります。

基本的にローン審査の際は信用情報を確認しており、過去のクレジットやローンの契約内容・返済状況を見て判断します。

これは、バイクローンなどの使い道を限定された専門ローンでも同じです。

バイクや車を買う際にローンを使う方は多いと思います。

ローンを組む際に気になるのが金利と支払い回数ですよね。

ショップで取り扱っているバイクローンの多くは支払い回数を1回から60回の間で設定できます。

ただ、60回(5年間)の分割支払いと説明されてもどうなるかあまり想像できない方も多いのではないでしょうか。

例を挙げると、120万円のバイクを買う場合では5年60回払いなので月々の支払いは2万円+利子です。

月々2万円くらいなら生活に無理なく支払っていけそうな感じがしませんか?もちろん、頭金を準備していたら月々の支払額もその分下がります。

基本的にバイクは車ほど高くありませんが現金一括で購入できる人は少ないですよね。

でも、やっぱりバイクが必要というときに利用するのが金融機関などが扱っているバイクローンです。

大まかに分類すると銀行機関によるオートローン、ホンダなどの専門ディーラーごとに扱っているローン、バイク専門店ごとに提携しているローン、用途自由がウリのカードローンの4種類があります。

金利によって支払い総額が増えるからローンは嫌という人もいますが金利から計算すると増えても数万円程度なのがほとんどです、ならば本来、貯金にかかる数ヶ月間という時間をバイクと過ごせる時間に変えましょう。

車に比べて安いと思われがちですがりバイクは高い買い物です。

現金が足りない時に利用するのがバイクローンです。

ローンを選ぶ際の重要事項、金利について書いていきます。

基本的にバイクのローンはメーカー独自のローンと信販会社の行なっているローンの2種類に分かれています。

利用する際、気になるのが金利だと思いますがバイクショップやディーラーの取り扱っている信販会社のローンではショップ側に面倒な書類の準備もある程度任せられます。

手続きが楽な分、銀行ローンよりも金利が高い設定になっているのでショップと違って自分で行わなければならないというデメリットがあります。

バイクローンや留学ローンなどの専門ローンについて審査が通りにくいなんて話を耳にしたことはありませんか?例として、バイクローンの特性について考えてみましょう。

まず、メリットとしてはなんといっても低金利なことです。

低金利だと審査も厳しくなっていることも多いと言われています。

逆にデメリットと言われる部分の方が多いようです。

多くの人は販売店で提携しているバイクローンをイメージすると思いますが、完全に支払いが完了するまでバイクの所有権が販売店になっていることが多く売りたいときに売れないというデメリットも良く聞きます。

バイクローンが通らない時はカードローンの利用も考えてみてはいかがでしょう。

バイクローンや住宅ローンなど世の中には様々なローンがあります。

高価な買い物をする際のお金を用意するのに便利ではありますがローンを使用するには審査に受からなければいけません。

実際に、気になっている人は多いようで、web上でも基準などを載せている方やサイトをよく見かけます。

これらのサイトを見ていると金利が低ければ低いほど審査は厳しく行われる傾向にあるのがわかります。

主な判断ポイントとしては、安定した収入があって返済能力はあるのか、現在、他社からどれくらい借り入れしているかなどが調べられます。

自分である程度基準を調べて、場合によっては使用用途フリーのフリーローンなどを検討するのもありです。
ページトップへ

Copyright (c) 2014 バイクローン審査甘いところは?頭金・保証人なし【学生におすすめの組み方】 All rights reserved.