バイクローン審査甘いところは?頭金・保証人なし【学生におすすめの組み方】

バイク屋さんで紹介されるバイクローンは高金利で損します。銀行やその他金融機関のバイクローンを利用がおすすめです。バイクローンの利用の仕方と注意点に関して分かりやすくお伝えします。

ホーム≫バイクを買う際に組むバイクローンですが多

バイクを買う際に組むバイクローンですが多

バイクを買う際に組むバイクローンですが多くのバイクショップやディーラーで扱っているローンでは頭金の必要はないですが稀に、必要な場合があるそうです。

その額の相場としては、買うバイクの価格に対して10%くらいが目安になっています。

頭金を払ったほうが審査に有利なのも事実です。

必要な場合、価格の1割くらいが相場と書きましたが、審査する側から見ると「これくらいの金額も用意していないの?」と資金力に疑問を持たれる可能性もあります。

貸し倒れを減らしたいので、頭金を少しでも入れておくと計画性を持って返済も大丈夫そうだと判断されやすくなります。

また、月々の支払額も頭金の分下がるのでできるだけ用意しましょう。

バイクや車などの高価な買い物をする際、まとまった現金を準備するのは大変です。

そこで利用するのがローンです。

銀行などのローンを利用する際はマイカーローン、住宅ローンなど利用用途ごとに金利や分割回数の設定が異なります。

そのため、マイカーローンで家を買う、住宅ローンで車は規約違反になるので買えません。

ローンを考える際に不安に思う方が多いのは金利を足した支払い総額と毎月の返済額の面ではないでしょうか。

毎月の返済額と期間をいくらに設定するかを各機関のHPに用意されているバイクローンシミュレーションなどを各ローンごとの返済シミュレーションを活用して返済計画を必ず立てましょう。

大学へ進学すると車やバイクの免許が取れるようになって一気に移動できる範囲が広がります。

免許を取ったら自分のバイクや車が欲しくなりますよね。

その際現金一括で支払う人なあまりおらずバイクローンなどを利用することが多いと思います。

学生では初めてこういったローンを利用するという人も多く月々の返済額や車やバイクの維持費が想像以上にかかって結局売ってしまうという話も聞きます。

返済が滞納したりしないように必ずローン会社のwebサイトにある返済シミュレーションなどで月々の返済額を確認して申し込みましょう。

ローンを組む際はできるだけ周りの人に知られたくないものです。

ローンを組む際に金融機関によっては職場などへの在籍確認を行う場合もあります。

それではバイクを買う際のバイクローンやオートローンなどではどうなのでしょうか。

基本的には金融機関によるローンの場合は在籍確認を行います。

その際、本人が電話に出る必要はありません。

すでに「退職済み」やまた、稀に確認しない場合もありますが、例外的に確認しないこともありますが判断基準は各機関に委ねられています。

おそらく、審査の段階で勤務年数や他の借入状況から判断されているようです。

社員証や給与明細の提出で対応してくれることもあります。

保証会社によって確認するしないが変わるローンも存在するので探して見てください。

車に比べて手軽で車体も小さいので小回りが利くバイクは、若者のライフスタイルに溶け込みやすく、購入を検討している人も少なくないでしょう。

一括で支払えない時に便利なバイクローンですが、正規雇用ではないアルバイトやパートでも使うことはできるのでしょうか。

結果から言うとアルバイトでも使えます。

審査では、雇用状態が正規非正規かよりも安定収入があるかを重視するため、アルバイトでも毎月安定した収入があれば融資してもらえる確率は高いです主な注意点としては、未成年の場合は親の承諾が必要なことと用途が限定された専門ローンなので通常のカードローンよりも厳しいことです。

場合によってはカードローンの活用も視野に入れておきましょう。

バイクを購入する際にローンを組むことを誰にも知られたくないときに保証人が必要だと言われると困りますよね。

バイクローンを組む際に保証人は必要なのでしょうか?結論を先に言うと、基本的には必要ありません。

どんな時に必要になるのか調べてみました。

まず、ローンにおける保証人・担保とは、ローンを組んだ本人が返済ができなくなった時にその返済を代わりにする人や資産です。

収入が不安定だったり、最近働き始めたばかりの人は必要です。

また、現在会社員として働いており、収入が安定していたとしても未成年の場合は、親の許可を証明する承諾書が必須になります。

バイクは車に比べると安い印象を持っている方もいますが大型バイクなどは100万円を超えるバイクもあります。

また、中古価格は車よりも下がりにくい傾向にあるのもバイクを購入するための障害になっています。

購入資金が足りない時に活用するのがバイクローンです。

特にクレジットカードで有名なジャックスのローンはほとんどのバイクショップやディーラーが取扱いをしています。

バイクローンは一般的に2種類あり、バイクメーカー独自のローンではそのメーカーの新車購入時のみにしか利用できないなど制約があります。

ジャックスのローンは新車中古関係なく利用することができます。

車に比べて安いと思っている人も多いですがやはりバイクは高い買い物です。

現金一括では支払いできない時に心強いのがバイクローンです。

ローンについて紹介しますので新しくバイクを購入する際の参考にしてください。

基本的にバイクのローンはメーカー独自のローンとしかし基本的に銀行ローンの場合、審査が厳しく手続きを全て自分で行わなければいけません。

バイクショップやディーラーが独自で行うローンや信販会社のローンではショップ側に面倒な書類の準備もある程度任せられます。

しかし、銀行ローンは審査が厳しく、手続きもショップと違って自分で行わなければならないというデメリットがあります。

多くの方は高額な買い物をする際にローンを組むと思います。

その際、全額ローンにするか、頭金を多少でも払うか悩みますよね。

そもそも、ローンを組むにあたって頭金は必要なのでしょうか。

バイクローンを扱う大手企業などは調査システムや資金力があるため不要としていますが小規模の企業のローンの場合、滞納や自己破産するような客に貸してしまうと非常に大きな損害ともなりかねません。

そのため、頭金を必要とする企業もあるようです。

では、頭金を支払うことで何が変わるのでしょうか。

理由として大きいのが業者からの信頼度が上がることです。

他にも、まとまった金額を支払うことで分割支払額を減らすことができます。

家を買う際にローンを組むように、バイクを買う際もローンを利用することが多いです。

実際、サイズが小さな中古バイクなら、一括払いする人もいますが大きなバイクや新車を買う際はバイクローンを使う人がほとんどです。

ローンは長期間の返済にすればするほど利息分損します。

では、なるべく賢く組む方法はあるのでしょうか。

ローンを提供している会社の中にはボーナス払いができる会社もあります。

会社員として働いている場合、毎年6月と12月に多めに返済するという方法です。

ただ、ボーナスが支給されない会社、低い会社に勤めている場合は避けたほうが良いでしょう。

他にも頭金を支払うことでローンの利用総額を抑える方法もあります。

月々の支払額が下がる他に、審査をする上で有利にもなると言われています。
ページトップへ

Copyright (c) 2014 バイクローン審査甘いところは?頭金・保証人なし【学生におすすめの組み方】 All rights reserved.