住宅ローン審査落ちた理由は何?

住宅ローンの審査は、属性審査と信用情報の2つの側面から審査されます。
属性とは借り手の勤務状況や年収などといった職業に関する審査で、信用情報とは借り手のクレジットやキャッシングなどの借り入れや返済状況の情報を共有し開示ができるシステムで信用情報機関が情報を管理しています。
住宅ローンの審査を受けた際の情報も、この信用情報機関に情報があげられます。
つまり、複数の銀行に審査を申し込むと、その件数分だけ審査を受けた記録が残るわけです。
いくつもの銀行で連続して審査を受けていた場合、今まで審査に通らなかったと勝手に解釈され、何らかの落ちた理由があるはずだと警戒されてしまうかもしれません。
ですから、同時に複数の銀行に審査を申し込んだ方が、このようなリスクを回避できるかもしれませんね。